肉のマルチブランド Multi-Brand of meat

BRAND STRATEGY 肉のマルチブランド戦略とは

フレスカではお客さまがお連れの方や気分、予算など、様々なシーンでお肉を楽しんでいただけるお店を展開する“肉のマルチブランド戦略”を提唱しています。 今後も新業態が検討されており、お客さまが求める“新”スタイルで、お肉が楽しめる場をご提供していきます。

以下に、現在展開している4つのブランドを簡単にご紹介します。



ファミリー、ビジネス、学生をお客さまの軸に、焼肉のオーダーバイキングとして展開するフレスカのメインブランド。“食事の予算を抑えなければならないお客さまにも、良質なお肉をお腹いっぱい楽しんでいただきたい”という想いでスタートしたぐりぐり家も、現在では20店舗以上を数えるブランドへと成長しました。より満足していただけるお店を目指し、さらに価値の向上に取り組んでいます。

ランチからディナーまで、いつでもカジュアルに、時にはオシャレに食事を楽しむことができる肉バルブランドです。自社工場で30日以上乾燥熟成させた、名物である熟成肉のステーキを筆頭に、質の高いお肉、料理が味わえます。ワインの取り揃えも豊富で、コストパフォーマンスに優れたラインナップでお待ちしております。グリーンと木の温かみがある店内で、パーティーや女子会にもご利用いただける新しい業態です。

毎日産地直送で仕入れた新鮮な海鮮や、朝採れレバーなど産地にこだわった旬の食材をライブ感ある炉端焼きで提供するブランドです。カウンター席では注文した食材が目の前で焼き上がるのを楽しむことができます。30~40代の食通ビジネスを中心に、若年層ビジネス、大学生にも気軽に楽しんでいただけるような店づくりを目指しています。

木の温もりが感じられる店内に入ると、日常を忘れ、笑顔になれる。『楽しい・うれしい・美味しい』をコンセプトにした肉バルブランドです。コスパ抜群の肉料理やスキレット料理など、『気が利いた料理』と豊富なお酒が楽しめて、ちょっぴりお洒落でカジュアルに居酒屋使いできます。女子会やデートはもちろん、会社帰りにふらっと立ち寄りたくなる、フレスカプロデュースの最新業態です。

成長率が横ばいと言われる外食業界にあって、フレスカは順調に成長を続けている成長企業。その裏には、“関わる全ての人々の幸せを最大化する”という理念に基づき、“人”が育つ環境、人と人の関わりを大切にするDNAがあります。 フレスカの成長を近年の数値からご紹介します。

採用活動に力を入れると共に、入社後の従業員感動満足の向上に向けた様々な取組みを行うことや、評価制度の見直し、各種表彰制度も充実させることで離職率の低下にもつながっています。また社員だけでなく、パートナーの教育にも力を入れることで、一緒に働く仲間は着実に増え続けています。

着実に店舗数を増やしつつ、各店舗ごとの顧客価値を最大化するための組織づくりを行うことで、新業態への展開をしつつも増収を続けることに成功しています。